Claire de Lune for Isao Tomita (JP)

Biography

冨田勲に捧げる空間作品

光の構造が音楽を表すインスタレーション(11月3日、4日、5日)

日本におけるシンセサイザー音楽の第一人者である冨田 勲の名曲と49個の球体が織 りなすインスタレーション「Clair de Lune -Sound Program Structures-」 

本作は、クラシックの名曲であるドビュッシーの「Clair de Lune」をシンセサイザーに変換し再構 築した冨田 勲の「月の光」(1974年作)を使用。その音楽は49個の球体と同期しており、

音の種類がそれぞれの球体を表し、光量が音のボリューム、浮遊する高さが音程を表しています。つまり、光の構造体 が音楽を表し「音を空間の解釈で再定義する作品」です。

作品名称:Clair de Lune -Sound Program Structures- 
作曲:クロード・アシル・ドビュッシー(Claude Achille Debussy)
シンセサイザー:冨田勲(Isao Tomita)
監督:四尾龍郎(Tatsuro Shio)
制作:株式会社RGBcreation 
キネティックライツ:株式会社KineticLightsJapan 
協力:日本コロムビア株式会社
妹尾理恵 

Schedule

03

Nov

Fri

-Sound Program Structures-

NOCTURNE 1

20:45 - 20:50

Main Hall

Impressions

Back
► チケット購入 / Tickets