Guillaume & the Coutu Dumonts (CA/QC)

Biography

太陽が沈むたびに次のクリエイティブなスリルライドを求めるGuillaume Coutu Dumontの音楽は、ジャズの官能的な魅力、ハウスの確かなグルーヴ、テクノの勢いを吸収して夕闇のインディゴ色に染まっていく。

ソロプロデューサーとして2007年にMusique Risquéeから発表したデビューアルバム「Face À L’Est」により、Gillaumeはすでに乱気流を巻き起こしていた。彼のワンマンバンドを始動する前は、Julien RoyとのEgg project、Ernesto FerreyraとのChic Miniature、David FafardとのLuciなど第一人者たちと活発に活動していた。これらすべてのプロジェクトはGillaumeが2002年以来密接に関わってきた、かのMUTEKとその歴史を共有している。

The Oslo RecordsとRaum Musikのクルーらと友好関係を築いた後、Guillaumeは2007年にベルリンを目指してロジカルな巡礼の旅に出た。Gillaumeは作品づくりにおいて常にソウルフルかつスピリチュアル寄りであり、世界におけるTechnoの中心地へ移動したことさえも、ダンスミュージックの有機的・根源的ルーツを好む彼の音楽性を揺るがすことはできなかった。

彼のドイツの兄弟と同じくフランスのアンダーグラウンド・ハウスのるつぼに強く繋がっていたGuillaumeはKaratのために楽曲をリリースし、ついにはCircus Compnayとの間に密な協働関係を確立した。パリのレーベルDave Ajuの主要メンバーは、Guillaumeの最も新しいベンチャーであるGuillaume Coutu Dumont & The Side Effectsに貢献している。

Egg、Chic Miniature、Luci、Destination Dangerなどコラボレーションプロジェクトでの多彩なベンチャーから、MUTEK、Musique Risquée、Oslo、 Raum Musik、そしてレギュラーとしてCircus Companyなど著名レーベルでの発表に至るまで、熱心なリスナーは果敢なカナディアンの全てのアウトプットに追いつくことが可能だ。さらに新しいアンビエントプロジェクト Muséumや、彼のライブバンドGuillaume Coutu Dumont & the Side Effectsにより、アーティスティックな竜巻は今後も加速し続けるだろう。

カナダ芸術評議会による多大なファイナンシャルサポートにより実現しました。

Schedule

04

Nov

Sat

LIVE

WOMB & MUTEK.JP

WOMB

Impressions

Back
► チケット購入 / Tickets