Francesco Tristano (LU)

Biography

“Music is music” 。 1928年春、パリ。Alban BergはGeorge Gershwinにこのように回答した。我々が考えるところの「教養ある」音楽と「ポピュラーな」音楽との間になぜ区別がないのか、その理由についてだった。 Francesco Tristanoは、ヨハン・セバスチャン・バッハ、フレスコバルディ、ベリオ、ブクステフデ、ストラヴィンスキー、ガーシュウィン)らによるスコアと、最先端の作品およびシークエンスツールとの狭間でピアノとシンセサイザーを併用する彼の創作活動において、過去10年間このクォートを支持してきた。

テクノミュージックは、ジュリアード音楽院(NYC)で学位を追求する過程で彼の人生に入りこんだ。 “Not for piano”(2007)では彼自身が作曲した作品とともに”The Bells”(Jeff Mills)や “Strings of Life”(Derrick May)などデトロイトアンセムのピアノ版を発表。 翌年、 “Auricle Bio On”(2008)でピアノのサウンドを導入し、さらにはサンプラーとシンセサイザーとして同時に使用した。実際に、 “Idiosynkrasia”(2010年)発表によりFrancescoは双方の音楽的言語の合成を達成。デジタルの妙技とレアなエレクトロニックテクスチャーの融合を「Piano 2.0」と提唱。

エレクトロニック・ミュージックにおけるキャリアに加え、バロック(主にバッハ以前)および20世紀~21世紀の音楽にレパートリーを有するクラシックピアニストとして成長し続ける彼は、プログラムをあたかも”Playlists”のように編成―彼が好む定義の仕方だ。正真正銘のオープンマインドな姿勢とテクノに関する知識の深化によって、Francesco Tristanoは拡張し続けている。

Schedule

04

Nov

Sat

LIVE

WOMB x MUTEK.JP

WOMB

Impressions

Back
► チケット購入 / Tickets