Monolake (DE)

Biography

ラウドスピーカーで囲まれた暗い空間で直立そして潜在的には踊るオーディエンスのための、テクスチュアルかつリズミカルな音楽。視覚的な要素はなく、重厚に稼働する構造化された音響の壁があるのみだ。

Monolake Live Surroundは1995年以来取り組んできたエレクトロニックダンスミュージックの活動成果であり、この経験から誕生したソフトウェアAbleton Liveの使用実績でもある。

本パフォーマンスは初期ベルリンテクノのレガシーのペアリングによるもので、アカデミックなコンピュータ音楽からUKダブステップ、クラシカルなミニマルミュージックからドローンとノイズまで広範囲から豊かな影響がもたらされている。

Monolakeが提示するのは、当初から開拓に取り組んでいるマルチチャンネルサラウンドサウンド体験であり、そこに波面合成方式(WFS)、高忠実度再生(Ambisonics)、その他の音響方式の最先端バージョンを包含させたパフォーマンスだ。

Monolake Live Surroundは意図的に非視覚的である。何かを見ることでも、ステージ上の演奏者を観察することでもなく、それは音響により迷子になり連れ去られることについてなのだ。

“サラウンドサウンドがもっとクラブに存在するならば(…)、Monolakeの音楽は、その媒体へスタイルネイティブなヒントを与えるだろう。脳感覚と身体感覚が出会う、奇妙な新領域として。”

Angus Finlayson, Resident Advisor.

Schedule

03

Nov

Fri

LIVE SURROUND

NOCTURNE 1

Hall

Impressions

Back
► チケット購入 / Tickets