Nicolas Bernier (CA/QC)

Biography

Nicolas Bernierはサウンドパフォーマンス、インスタレーション、ミュジーク・コンクレート、ライブエレクトロニクス、ポストロック、ノイズインプロバイズ、ビデオアートの制作に際し、ダンス、演劇、動的イメージ、学際的コンテンツとの協働を図る。折衷主義のさなかで彼の芸術的関心は一貫している: 知的感覚と肉体的感覚の均衡、有機音源とデジタル処理の関係性である。2013年に著名なArs Electronicaにおいてゴールデンニカ(オーストリア)を受賞。MUTEK(カナダ)、SONAR(スペイン)、DotMov Festival(日本)、Transmediale(ドイツ)にて大いに関心を集める。クロニカ(ポルトガル)、LINE(米国)、leerraum(スイス)、Entr’acte (UK)などのレーベルが発表。
ハッダーズフィールド大学(英国)の音響芸術学博士号を取得。モントリオールに拠点を置くメディア芸術研究開発センターであるPerte de signalのメンバー。モントリオール大学のデジタル音楽プログラムで教鞭を執っている

frequencies (synthetic variations)
音響と光のパフォーマンス

Nicolas Bernier(PrixArs Electronica 2013 Golden Nica Digital Musics and Sound Artの優勝者)が制作したFrequencyシリーズの第2作。純粋にデジタル合成音響に基づいたオーディオビジュアルコンポジション。パフォーマンスは、パフォーマーがリアルタイムでオーガナイズプロセッシングする短いシーケンスで構成される。小さなアクリル構造物内部でバーストする音響と光は共に緊密に構成されており、光を聴くまたは音響を視認する極めて精密な感覚の共有を可能にする。

カナダ芸術評議会による多大なファイナンシャルサポートにより実現しました。

Schedule

03

Nov

Fri

NOCTURNE 1

frequencies (synthetic variations)

Hall

Impressions

Back
► チケット購入 / Tickets