MUTEK.JP - 電子音楽 × デジタルアートの祭典『MUTEK』

Robert Henke

Robert Henke

Lumière III

- Germany

『Lumière(リュミエール)』とは、高精度のレーザー光線とパーカッシヴなサウンドが芸術的な対話を図り、探索するコンサート・シリーズです。アーティストが2010年から開発し始めた特殊なベクター・グラフィックスのソフトウェアに基づいております。このソフトウェアにより、連続に素早く反射するビジュアルの姿形と関連する音のイべントが作り出され、リアルタイムで操る事が出来ます。『Lumière(リュミエール)』は永久に開発途中の状態であるが、各パフォーマンスは現状を表すスナップ写真です。2013年の初演から『Lumière(リュミエール)』は3つの根本的な改正が行われ、無数の「マイナーな更新」がされております。

 

コンポーザー、アーティストとソフトウェア開発者であるロバート・ヘンケは、現代エレクトロニック・ミュージックのへ貢献とレーザー・ショーの作品で主に有名です。彼自身のインスタレーションは、主に長時間に渡ってゆっくりと変化し、固有なロケーションのために特別に創造されるか、適応されております。故意的な疑念の要素が含まれ、結果的に終わりのない変化が産み出されます。ほとんどのパフォーマンスは音楽とレーザー・テクノロジーが混合され、特有なオーディオ・ビジュアル体験が創造されます。彼の音楽作品はリズム、音質と音色を特別に焦点に当てられ、そして彼はサラウンド・サウンドの先駆的な探検家として認められております。彼が長きに渡り、使っている名義、Monolakeは、ベルリンの壁崩壊後、同町で誕生した、新しいエレクトロニック・クラブ・カルチャーを代表するアイコンにして認知されています。

T
I
C
K
E
T
BUY NOW