MUTEK.JP - 電子音楽 × デジタルアートの祭典『MUTEK』

Fake Eyes Production

Fake Eyes Production

LIve

- Japan

ShigeoJDがDJ MAAR, Mustache X と共に運営する可変型ユニット。DJ及びLIVEパフォーマンス、楽曲制作、空間選曲及び演出などのミュージックディレクション、グラフィック制作などその活動は多岐に渡る。

 

・ ShigeoJDは、スケボーキングやSteady&Co.のメンバーとして2000年初頭活動し、嵐、V6、土屋アンナへの楽曲提供も行う。本人自らアイコンになる機会も多くThe SAMOS、mold、ATOM ON SPHEREというバンドでも、今なお精力的に活動の幅を広げている。

 

・ DJ MAARは、18歳で伝説的クラブ芝浦GOLDのDJブース立ち新木場ageHa初のMIX CDを担当するなど、着実にそのキャリアを重ねDEXPISTOLSとしてはエレクトロムーブメントのアジア代表として爆発的な人気を誇り、ダンスミュージック界に新たなムーブメントを巻き起こした。DAFTPUNK初のLIVEツアーALIVEのフロントアクトにも抜擢され、Fuji Rock FestivalやBIG BEACHなど数多くのビッグフェスにも出演した。NIKEやアクエリアスのキャンペーンキャラクター、TOP SHOPやCASIO BABY-Gのミュージックディレクターも務めPhenomenonのショー音楽を担当するなど、キャリアとスキルに裏打ちされた愛すべき皮肉屋。

 

・Mustache X は独特の世界感&佇まいを見事に裏切る繊細なPlayで、Fake eyes productionの三男坊にして、DJブッキング数はダントツ。今やこの男がユニットの要になりつつある。 

 

3人のメンバー組み合わせが毎回異なるフォーメーション、このLIVEとDJを融合させたのスタイルで WOMB ADVENTUREやULTRA Japanといったビッグフェスにも出演しており、共演した海外アーティスト達もその機材群とスタイルを賞賛を受け、そして現場でのファンを着実に増加させている。昨年3月にはVINYLレーベル、Fake Eyes Recordingsも立ち上げ第一弾EPを全世界流通させ、同年9月には2年連続となるULTRA Japan出演。2017年Fake Eyes Production 1st album LET’S GO HeathrowをリリースiTunes エレクトロニックチャートで1位を獲得、また過去にリリースしたヴァイナル Fake Eyes EP01 をSonja Moonearがプレイサポートするなど海外からも徐々に注目を集めている。 

 

T
I
C
K
E
T
BUY NOW