MUTEK.JP - 電子音楽 × デジタルアートの祭典『MUTEK』

Newsお知らせ

MUTEK Montréalの詳細発表 – MUTEK Forumとヴァーチャルエキシビション

今年で21回目となるMUTEK Montréalは、2020年9月8日(火)〜13日(日)にかけて、オンラインと現場を掛け合わせたハイブリッド形式で開催されます。専門家によるプレゼンテーションやディスカッションの場であり、ヴァーチャルマーケットプレイスの「MUTEK Forum」、ヴァーチャルエキシビジョン「Distant Arcades」、そして今後発表するアーティストパフォーマンスから構成されます。

 

MUTEK Forum

「MUTEK Forum」は、デジタルクリエイティビティとエレクトロニックミュージックの分野で活躍するアーティストや企業などの専門家が集い、プレゼンテーションやディスカッションをする場です。

「MUTEK Forum」のプログラムは、9月8日(火)、プリンストン大学のアフリカ系アメリカ人リサーチャーであり『Race After Technology』(2019年) の著者であるRuha Benjaminの講演でスタートし、デジタルアーティストRefik AnadolとアーティストでありKickstarterの共同設立者Perry Chenとの対談を行います。

9日(水)と10日(木)はXRと人工知能(AI)技術に焦点を当て、ゲームエンジンのリーダーUnreal Engineが開く「XR Salon」をはじめ、AIにおける人種間の平等、監視、個人情報収集に伴うリスクの問題についてのパネルディスカッション、AIに関する幅広い芸術活動の検証、電子音楽やサウンドクリエイションで使用されるAIに特化したテクニックのワークショップ、さらにMixed Reality(複合現実)の可能性や恩恵についての討論を予定。そして最終日は、音楽業界が直面している課題に焦点を当て、ゲストにモントリオールのエレクトロニックシーンの重要アーティストMarie Davidsonや、Water & Musicの創始者でありジャーナリスト兼リサーチャーのCherie Huらを迎えます。

60人以上の専門家が集まり、約30に及ぶ講演、パネル、ケーススタディ、マスタークラスを通して、ノウハウや批判的アイデアを共有します。全スピーカーはこちらのページから確認できます。

 

ヴァーチャルマーケットプレイスとしての「MUTEK Forum」

また、「MUTEK Forum」はプレゼンテーションやディスカッションの場であることに加え、最新の芸術的実践の追求を通してアイデアや意見を交換するためのヴァーチャルマーケットプレイスとしても機能します。フェスティバル、イベント、カルチャースペース、プロモーター、レーベル、メディア、スタジオ、テック企業、教育機関、そしてアーティストやインディペンデントのクリエイターなど、世界中から200の組織や企業、600人以上の人が参加します。参加者は自分のプロフィールを作成し、連絡を取り合ったり、1対1のミーティングを行なったりすることができます。出展者は、自社の専門知識、サービス、製品、プロジェクトを紹介する独自のスペースを利用することができます。

「MUTEK Forum」は、2020年9月8日〜11日までオンラインプラットフォームで開催され、9月1日から登録が可能。公開後も9月20日までコンテンツにアクセスすることができます。「MUTEK Forum」への参加は、チケットの購入が必要です。

すでに参加が確認されている放送局や文化団体などの企業リストはこちら:

Abuja Art Week NG  Abandon Normal Devices UK  Affect Lab NL  Agentur Grimm DE  Annex Agency UK  Anteism CA/QC  ARTECHOUSE US  Artlab AR  Atlas V FR  B39 KR  Champagne Club Sandwich CA/QC  Communikey US  CPH:DOX DK  CreativeXR UK  Cryptic / Sonica UK  CTM Festival DE  Decibel Festival US  Digi.logue TR  Digital Cultures PL  Digital Jove ES  Dream Adoption Society PL  Electric South ZA  Endemico MX  Fak’ugesi ZA  FILMGATE MIAMI US  Float4 CA/QC  Front Porch Productions US  Future Everything UK  Glovox CL  Gray Area US  Harvestworks Digital Media Arts Center US  Headspace Studio CA/QC  HELLERAU – European Centre for the Arts DE  HOLO DE  Hong Kong Arts Center HK/CN  Hub Studio CA/QC  Hyper Festival BR/CA  Impact0 MX/CA/QC  International Conference on Computational Creativity PT  International Documentary Festival Amsterdam NL  Images Festival CA  Institute for Sound & Music DE  Inversia Festival RU  Iregular CA/QC  Kaohsiung VR Film Lab TW  L.E.V. Festival ES  La Boîte Interactive CA/QC  Linecheck IT  Lunchmeat CZ  Magnetic Asia HK/CN  Maintenant Festival FR  MaMA Festival & Convention FR  MeetFactory CZ  Metastage US  MIGZ Festival RU  MIRA Digital Arts Festival ES  MONOM DE  Museum of Modern Electronic Music DE  Museum of Transitory Art / Sonica SI  Musikcentrum Öst SE  MUTEK Barcelona ES  MUTEK Buenos Aires AR  MUTEK Tokyo JP  MUTEK Mexico City MX  MUTEK San Francisco US  National Endowment for the Arts US  National Gallery Singapore – Y-Lab SG  New Forms CA  NODE – Forum for Digital Arts DE  Novas Frequências BR  Nowness UK  Nxt Museum NL  Nyege Nyege UG  ORF musikprotokoll AT  Points North Institute US  Proton DK  Recombinant Festival US  Refraction Festival CA  Reworks Festival GR  Sandbox Immersive Festival CN  SeirenFilms AR  Semibreve Festival PT  Sheffield Doc/Fest UK  SOCO Festival UY  siete|media MX/CA/QC  Somerset House UK  Sound of the Xity CN  Submerge UK  Sundance Institute US  Surefire Agency US  SXSW US  The Lowry UK  Toast CA/QC  TodaysArt NL  TPAM – Performing Arts Meeting in Yokohama JP  Trans Europe Halles SE  Unreal Engine US  Ventana Sur Festival AR  VIA Festival / Public Records TV US  Virtual Worlds Festival DE  VRHAM! DE  WAVLNGTH IN  Wireframe CA/QC  WISE CN  WOS Festival ES  Yes No Klub ID  York Mediale UK  Zú CA/QC

 

ヴァーチャルエキシビジョン「Distant Arcades」

昨年のエディションで議論された”デジタルの未来”を今年も追求し、国内外のアーティスト25組によるヴァーチャルエキシビジョン「Distant Arcades」を開催。距離とテクノロジーを駆使してアーティストはどのように創造しているのかという点が見所となっています。展示されるサウンド作品、ビデオ、360°映像、ヴァーチャルリアリティは、「MUTEK Forum」の中で議論される、テクノロジーと都市、アルゴリズムバイアス、個人データ収集、技術的人種差別、テクノロジー・機械・人間の感情の間のつながりといったツールやコンセプトに同調しています。ヴァーチャルギャラリーへは、フェスティバル開催期間中、無料で訪れることができます。9月20日までウェブサイトでも公開します。

エキシビジョン参加アーティスト:

Aaron Bradbury UK  Alex McLeod CA  Debby Friday CA  Depart AT  Dpt. CA/QC  Erin Gee CA/QC  Frances Adair Mckenzie CA/QC  GLOR1A UK  Heather Lander UK  Isabella Salas MX/QC  Jawa El Khash CA  Kathryn Hamilton & Deniz Tortum TR/NL/US  Kathy Hinde UK  Krzysztof Garbaczewski PL  Lila Tirando a Violeta AR/UY  Lucas LaRochelle CA/QC  Quantum Foam UK  Raphaël Néron CA/QC  Refik Anadol TR/US  Sahar Homami IR/QC  Scott Benesiinaabandan CA/QC  Shelley Barry ZA  Sol Rezza AR  Tatiana Heuman AR/DE  Vicky Clarke UK