MUTEK.JP - 電子音楽 × デジタルアートの祭典『MUTEK』

Newsお知らせ

KYOTO STEAMとMUTEK.JPがコラボレーションプロジェクト「NAQUYO-平安京の幻視宇宙-」を始動

MUTEK.JPは、アート×サイエンス・テクノロジーをテーマにした新しい文化・芸術の祭典「KYOTO STEAM-世界文化交流祭-」と連携し、アートプロジェクト「NAQUYO-平安京の幻視宇宙-」をスタートします。

KYOTO STEAMは、「KYOTO CULTIVATES PROJECT」(京都は耕す、育む、磨く)という理念を体現し、京都賞の願いとも共鳴した、アート×サイエンス・テクノロジーをテーマに開催する新しい文化・芸術の祭典。2021年に京都岡崎を中心にフェスティバルの開催を予定しています。

このたびローンチしたアートプロジェクトNAQUYOは、「1200年前の京都(平安京)はどのような音に包まれていたのか?」という問いに向かい、2年のプロジェクト期間(2020年10月~2022年3月)をかけて、平安京のサウンドスケープの創造とそのプロセスを広く共有することで、平安京の都市思想や世界観が現代にもたらす意義について考えるというもの。

2020年度は、最先端の音楽技術に加え、さまざまなクリエイターや学者、エンジニアたちの協力を得て、平安京の音環境や都市論に関する学術的な深掘りを行い、電子音楽や立体音響等の先端技術を活用して、平安京のサウンドスケープの創造にチャレンジしていきます。

NAQUYOの第一弾は、SUPER DOMMUNEにてトーク&ライブイベントを開催。KYOTO STEAMの谷崎 テトラを司会に、音楽学者の中川 真、サウンドアーティストの長屋 和哉らが出演します。

 

NAQUYO #1 オンラインTALK&LIVE 「平安京の幻視宇宙」

■開催日時

2020年10月22日(木)19:00~24:00

■会場

ライブストリーミングサイト&スタジオ SUPER DOMMUNE

■内容

19:00~21:00 トーク 「平安京の幻視宇宙とは何か?」

司会・進行:谷崎 テトラ(放送作家/KYOTO STEAM -世界文化交流祭- 実行委員会チーフディレクター)

出演:中川 真(音楽学者)、長屋 和哉(サウンドアーティスト)

21:00~24:00 ライブ「平安京の幻視宇宙」

出演:長屋 和哉 / Kazaya Nagaya、赤川 純一 / Junichi Akagawa、他

 

NAQUYO #1の後は、サウンドスケープを想像・創造する講座&ワークショップの開催、またその成果をトークとライブパフォーマンスによって発表する場を予定。詳細は順次追って発表します。

 

KYOTO STEAM official site:「NAQUYO-平安京の幻視宇宙-」